転職後の日々

心の安定を求めてもがく人の雑記ブログです。

親の偉大さと社会に出て働くということ

「定期便のように17時30分で仕事から帰ってくる」

 

 子供のころ母親がよく言っていた言葉。私の父親は民間保険会社で働くサラリーマンで、たしかに残業で帰りが遅くなる、なんていう日は無かったように思える。子供のころはたぶん「決まった時間に帰ってこられて、イイことじゃん」くらいにしか思っていなかったけれど、今ならそれは「もっと稼いでくればいいのに」みたいな意味だとわかる。母親からはよく父の愚痴を聞かされていて、私自身も父のことをめっちゃ尊敬する人!みたいに思うことはなかった。

 

そしてれは母親からの話のせいだけではなく、こんな事もあった。私が小学生になり、移動手段として自転車に乗るようになったころ、学校で乗り方や交通ルールを学ぶ講習会が開催された。そのためヘルメットを用意しておいてください、と学校で言われた時があった。私はヘルメットを買って欲しいと父親に伝えたが、小学生なので「初めて自転車に乗る小学生にとって適切なヘルメットがどんなもので、どこに売っているか」は父親に任せて買ってもらい、買ってもらったヘルメットをなんの疑いもなく受け入れた。

でもそのヘルメットはバイク用のヘルメットだった。どうりで「カッコいいヘルメットしてるね」なんて声をかけられる訳だよ。父親に対する信用が地に落ちた出来事だった。

 そんなこんながあって大人になるにつれ父親との会話も減っていって、決して嫌いではないのだが、あまり頼ることもなくなっていた。のだが…最近になって思う。

 

お父さん、スゴイ。

 

 いや転職して改めて感じた、働くことの大変さよ。なに当たり前のこと言ってんだって話ですけど利益を出す集団じゃないですか、民間企業というのは。そこにはノルマがあって、営業的な仕事があって、達成するために頑張るけど上手くいかない時もあって、上司からの言葉で傷つくことがあって、会社にいきたくない気持ちと戦って…

でも公務員は公務員で、住民の要望に対して、担当者レベルでできることの少なさに悩んだり、日々自分の中に生まれる違和感を殺しながら働く、というツラさがあるんですけれどね。

 

 私の父親の話に戻りますけど、毎日働いていただけじゃなくて、俺を含め子供3人も育てたっていうことがまたスゴイ。(私には弟と妹がいます)ま、母親もずっと仕事していたので共働き夫婦ですが。親は偉大です。これに気づけただけでも転職して良かったと思える。

 

実現させるのはもう少し先になりそうですが、いつか父親と二人で酒を飲みながら、感謝の言葉を一気に伝えたいと本気で思います。

 

人を動かすって難しいですよね①

人を動かしたいとき、他人の行動を変えたいときにどうすればいいのか、ということを考えましょう。

方法としては、褒めるか、怒る(怒鳴る)か、諭すか、脅すか…

子供や部下に行動を促したいとき、どんな方法を試していますか?

私自身は、自分ではやっちゃいけないな、と思っているのが「怒る」とか「脅す」とかなんですよね。

 

と、いう訳で、高校生から勉強のやる気を引き出せるような言葉かけを考えてみたー!

 

1つ目

「今の学生のうちに、頑張って努力したら成績が上がった、成功できたっていう自信をつけとけ。やればできるはずだろう。勉強っていう頑張ったら誰しもに共感してもらえるフィールドで結果を出すことに価値があるんだ」

 

良くないですか。勉強で結果を出す→学歴が良いものになる→就活でも有利

つまり就職の面接などにおいて、学歴は「やりたくないことも頑張れます」「つまらないことでも工夫して乗り切れます」「努力して成果を出した経験があります」ということを、口に出さなくとも証明してくれる、というわけだ。

だから今勉強を頑張ろう。

 

2つ目

「成績上位者にあって、あなたにないものは、やればできるという自信。まずは目の前のやるべき課題をやって、少しずつ自信につなげていこう」

…これはそのまま受け取ってもらえそうだな。

 

3つ目
「勉強や受験の意味は、自分の全力を経験することにある。そして全力を出して出た結果を受け止める練習だ」

社会に出たときに立ちはだかる壁や、つらいことに立ち向かう練習なんだよ、今は。

それの練習一回分を使ってるんだよ。大人になって本気を出そうとしても急には出せない時もあるから、今から訓練しておこうね、という言い方。

 

今思いつけるのはこのくらいでした。社会人になってからぶつかる壁とか問題とか、

マジで正解のないことが多いからよー。なるべく正解に近づけるような解決法が思いつくくらいには訓練されてないと詰むぜほんまに。ツラすぎ。

 

アドラーさんに嫌われる生き方やめたい

私は今転職して、生まれた地を離れ、働いている。

転職するときに自分の経歴や長所や、アピールできる点を見直した。

その結果、自分の長所として考えついたのが、「人から嫌われないところ」だった。

特別に好かれもしないけれど、嫌われもしない。自分は今までにたくさんの飲み会の幹事役をやって、いろいろなコミュニティーに所属しては取りまとめ役をやって、職業もバラバラ、年齢もバラバラな集団の中でも生き抜いてきた。だからそこから何か成長した、身につけたんだ、と思わないとやっていられなかった。

 実際に今の職場の面接では「私の長所は人から嫌われないことです」と伝えて内定をもらった。しかしだからといって、その生き方は正しいのだろうか。最近そう思うようになってきた。というか間違っている。確かに多くの集団のなかで、いろいろな事を任される立場にあったけれども、それは私が「便利だから」だろう。いや、もちろんそれだけじゃなくて、「責任もってやってくれそうだから」とか、他の理由もあるだろうけど、あると信じたいけれども、文句を言わずに引き受けてくれるから、つまり頼みやすかったから、という部分があることは事実だろう。

私は人から嫌われなくなったけれども、集団の中にいて、活動をしていて、「楽しい」と思えることが無くなった。取りまとめ役や幹事役をしている時は自分の時間か、または自分のお金、何かしらの自己犠牲をしていることが多かった。それに、決してトップになることは無かった。いつも組織のトップの人を補佐する役目で、その人のために動いていた。

 

アドラー心理学を最近になって読んだのだが、その本にこんなことが書かれている。

他者からの承認を求め、他者からの評価ばかりを気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになります。

「嫌われる勇気」(岸見一郎・古賀史健 ダイヤモンド社)135ページ

 

 今、私は転職して知り合いがいない所で働き始めたが、上司や同僚に「人から嫌われない」長所を発揮して関係を構築したところ、またつらい状況に追い込まれているし、あまり良い関係を築けたとは言えない。他人はこちらの状況、生活、能力をすべて把握できるわけなんてなく、こちらも他者の要望をすべて満たすことなんでできない。それが理解できていないまま過度に気を遣って、仕事を引き受けたからそうなったのだと思う。

 

転職して気づかされた、人から嫌われる必要性。人間関係って難しいですね。この問題に対して逃げるだけでなく、立ち向かえるようになりたいと思います。

 

ある市長選の公約~なんでもやる系部署の実態は~

皆さま、おつかれさまです。

少し前に、私が今住んでいる自治体で市長選挙がありました。候補者が3人くらいいたんですが、そのうち1人が「(市長になったら)なんでも聞く課を設立します」って書いてあったんですよ。

 

なんでも聞く課…ってどういう部署を作ろうとしていたのか、詳しくは調べなかったんですが、予想で言うと、市民からの要望を吸い上げる部署ってことでしょうか。これって聞いたあとはどうするんでしょうか。

 

要望を実行できる部隊(職員)を含む部署にするのか、他の部署に仕事を振るのかでけっこう違ってきますね。例えばもし、「道路つくって欲しいんですけど」って言われたら技術職の職員がいないと、発注とかそんな簡単に進められないですよ。ちょっと極端な例ですけど。

 

そして他の部署に仕事を振るのなら、顔が利く職員を配置しないといけません。「あーこの人に頼まれたら断れないな~、優先して進めるかー」って他の部署の職員に言わせられる人じゃないと。市役所の人間関係ってそういうとこありますからねー。

 

っていうかそもそも要望を聞くだけなら、部署を新設しなくてもいい気がしてきました。こういった部署って、市としてはすぐ対応しますをアピールしていても、すぐやる系部署の職員自体は何もやらないことが多いんじゃないかな、と思って他の自治体のことを調べてみました。すると…

 

千葉県松戸市「すぐやる課」

担当業務→市政についての要望等の緊急処理及び連絡に関すること

 

ありました。しかも、その課内の職員で案件の処理してますわ。

ハチの巣駆除とか土木作業とかまでやっとる…すげぇ。松戸市さん、アンタすげぇよ。

発足して50周年のイベントとかやってるしな。

私が以前勤めていた自治体では、「ハチの巣を駆除して欲しい」って電話が市民の方からかかってきても、業者を紹介することしかしてなかったのに、松戸市さんはホームページ内に「蜂を知ろう」っていうページまで作成済みでした。蜂に詳しくなれる。

「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」

「なんでもやる課ではありません」

松戸市公式ホームページより

 

って書いてありましたけど、絶対に一番電話がかかってくる部署であることは間違いなさそう。電話かけやすいもん。市民の側からしたら。

 

要望に対して別に担当の部署がある場合は、担当部署につなぐ場合もあるらしい。

やっぱ顔が利く職員じゃないと無理やわー。現在、すぐやる課は8名の職員が所属しているみたいです。1年目で配属されたらすげー大変な気がする。どうなんでしょう松戸市さん。内部で「それはうちの仕事じゃないです」事案起きていないですか…?

 

…って余計な心配ですね。50年以上続いてますから。

というわけで、今回はなんでもやる系部署について考えてみました。

 

ちなみに今住んでいる自治体で、なんでも聞く課が設立される予定はなさそうです。

その公約を掲げていた候補者の方は当選していませんでしたので…

勉強のやる気を引き出す言い方のコツを考える(書評)

皆さま、おつかれさまです。

 

突然ですが、このブログに来てくれた皆さんは、普段どんな立場の方でしょうか。今回は子どもを持つ親御さんや、部下を持つ先輩、上司の方に役に立つ本の紹介記事になっております。

 

子どもや部下に、「もっと勉強のやる気を出してほしい」「もっとこう動いて欲しい」って思うことありますよね。そんなやる気を引き出すためのヒントを教えてくれるのが

「いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング」飯山晄朗

【概要】

著者:飯山晄朗(いいやま じろう)

発行所:株式会社 秀和システム

出版年月日:2015/06/03

ページ数:239p

 

です!この本の著者である飯山晄朗さんは、商工団体の経営指導員として中小企業の経営、財務、労務相談を5,000件以上こなすなど活躍されている方で、高校野球部を始めとする運動部のメンタルコーチも務めています。飯山晄朗さんのメンタル強化で普通の公立高校野球部が26年ぶりに優勝したりしていますし、県立高校水球部を20年ぶりの全国表彰台に導くなど、その指導には定評がある方なのです。

 

そんな飯山晄朗さんが運動部やビジネスの現場で実践しているメンタルトレーニングの方法をまとめたのがこの本です。

この本には、やる気がない子や自信のない子を動かす「言い方」が、5つの章に分かられて紹介されています。

今回はその中から特にやる気を引き出すのに重要だ!と感じた1章、2章の中で書かれている言い方から、場面ごとに使える言い方を私的にまとめて紹介していきます。

1.目標に向かうためには「どんな自分になっていたらいいか」、をイメージさせよう

例えば野球部のミーティングで。「試合で勝つために」というテーマで話すと、方法については意見が出てきます。バッティングの強化が必要だ、いや守備の強化も必要だ、など…

 

「 確かにどれも大事なことだけど、 そもそもみんなは、どんな勝ち方ができるよう になりたいの?」

飯山晄朗. いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング (Kindle の位置No.344-345). 秀和システム. Kindle 版. 

 

「方法」ではなく「状態」をイメージさせる。

勉強についてこの考えを適用すれば、「定期テストで1位を取った自分をイメージしてみよう」「周りからどんな勉強したの、と聞かれたらどう答えるかな」

→じゃあその勉強をやってみよう、となります。

 

2.励ますのではなく、信じる言葉をかける

この本の第2章では「自信のない子を勇気づける8つの言い方」について書いてあります。部活動で新しくキャプテンを任せた子にプレッシャーを与えず成長させるために、あるいは仕事で部下に大事な役割を任せたとき…「信じている」という言葉を伝えてみましょう。

 

「お前なら、 この仕事をこなすことができる」 上司のその 一言 が、 部下を勇気づけるのです。

飯山晄朗. いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング (Kindle の位置No.739-740). 秀和システム. Kindle 版. 

 

3.責めた言い方をしない

部活動の指導者が言いがちな言葉として「何度言ったらわかるんだ」「人のせいにするな」という言い方があると思います。でもこれって言われた方は黙るしかないですよね。自己防衛本能的に。

失敗について反省が必要な場面では相手を責めるような言い方ではなく、言い分をいったん受け止めて、今後のことを考えていく方向に向かわせましょう。

 

「じゃあ、次に同じ状況になったとして、君はどうすれば良いかな? なにができそうだ?」

飯山晄朗. いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング (Kindle の位置No.674). 秀和システム. Kindle 版. 

…どうですか、この言い方。今後や次につながる行動を考える方向にいきますよね。

 

今回は3つの場面について取り上げさせていただきましたが、この本にはこれ以外にも

第3章で「不満ばかりを口にする子に使命感を与える言い方」

第4章で「なかなか行動を起こさない子を動かす言い方」

第5章で「ピンチに弱い子のメンタルを強くする言い方」

が書かれています。どれも相手の行動が変わるような言い方が学べますので、ぜひ購入して読んでみてください。

 

以上、今回はの著書、「いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング」を紹介させていただきました。

地方公務員に向いている人と長く続けていくために重要なこと7選

皆さま、おつかれさまです。今回は地方公務員についての記事です。さっそくいきましょう!内容はタイトルのとおりです!

1.仕事編

①いつどんな人が来るか分からない窓口対応が大丈夫な人

→貴重なご意見(クレーム含む)の場合は、まずは相手の言い分を最後まで聞ける人。

 

②部署によって業務量がぜんぜん違うので、やってもやっても仕事が終わらない部署に配属されることもあれば、毎日定時で帰れる部署もあることを、受け入れられる人。

 

③「それはうちの仕事じゃありません」戦争に勝てる人

→市役所職員(地方公務員)は、自分達の仕事が増えることに敏感になっている人が多いと思います。ちなみに職員の担当する仕事は、「事務分掌」という、仕事ごとの担当者一覧!みたいな表に決められています。(事務分掌は毎年、年度初めに各係長が作成します。)

ですが、例えば災害時や新型コロナウイルス関係の業務など、予定していなかったことが起こると、だれにその仕事を振ろうか、という話になって、ちょっと揉めます。

 また、窓口に来た方の要件を聞いて、自分の担当ではないときには、担当している部署に案内しますが、「○○のことについて、△△課にお客様でーす」と呼び掛けても、担当部署の職員がだれも立ち上がらないこともあります。 嘘だろ…ってなります。

 

④上司のメンツを守れる人

→自分(担当者)が作成した文書は、必ず上司に確認してもらってから仕事を進めます。

係長→課長→部長の順番で確認してもらうのですが、係長から「ここはこういう表現に直して」と言われ、直して、次に課長に見せたら元の表現に戻すよう指示される、なんてこともあり得ますよね。さぁ、どうしましょう…

 

⑤「市役所ってそういうものか」って思える人

老朽化してて修繕すべき施設があるのに、予算が無いから出来ないっていう状況

「自分はもうすぐ異動するだろうからあとは後任の人に任せるわ」って聞こえるように言う先輩職員の存在

2.人間関係その他編

⑥嫌なら断る、が上手くできる人

→職場の人間関係構築に神経質になりすぎず、自分の時間を大切にしましょう…

(これは自分への戒めでもありますね)

 

⑦職場以外で、パートナー(恋人、結婚相手)を見つけている人、見つけられる人

→職員同士の色恋沙汰に首を突っ込まず、あまり他人のゴシップに関心を持たずに、市役所という村社会を生き抜ける人。ちなみに職員同士で付き合うとすぐ噂になります。

 

以上、地方公務員に向いている人と長く続けていくために重要なこと7選でした!

※効果には自治体差があります

 

もう一度公務員試験を受けるとしたら使いたいおすすめ参考書

皆さま、おつかれさまです。

今回は、公務員試験のおすすめ参考書の紹介です。

私が公務員試験を受けたのなんて10年以上前なので、その時には出版されていなかった、いい参考書というのが今の世の中たくさん出ている訳なんですよね。

 

今日はその中でも、教養試験の一般知識対策に使える参考書を紹介したいと思います。

それがこれ↓

 

「過去問ダイレクトナビ」(実務教育出版)シリーズ
です!
 
教養試験の対策と言いましたが、出版されているのは以下の科目です。
・政治経済
・日本史
・世界史
・地理
・物理、化学
・生物、地学
 
公務員試験て科目が多いじゃないですか。めっちゃ多い。国家公務員、地方上級公務員ともなれば専門科目もあります。この多さをどう効率よく勉強するか、本番でどう処理するか、の能力を見る試験とも言えるでしょう。
 
そのため、最初から過去問を使ってどんどん問題を解くことが、効率の良い勉強法となります。
ちなみに教養試験の中でも、「判断推理」「数的推理」「資料解釈」については、解き方を解説している参考書を1冊やってから過去問演習をした方がいいです。というか、いきなり「判断推理」とか「数的推理」を解こうとしても、多くの人は何もできず心が折れて終わるでしょう…。
 
というわけで「教養試験の一般知識対策について」は、過去問+解説が載っている問題集を使って、過去問の形式を研究しつつ、どこまでの知識が必要なのか確認しながら、必要な知識は問題集に書き込んでいく、という勉強をお勧めします。
 
それができるのが、「過去問ダイレクトナビ」シリーズなのです。大きな書店でも販売しているので、手に取ってパラパラ開いてみてください。

特徴①見開き展開で問題と解説が載っている

→左ページに過去問、右ページに解説、という構成になっていて、かつ右ページには書き込みのスペースも確保されている。そのため、問題演習をしながら、書き込みをして、自分だけの参考書化できる工夫がしてあります。
 

特徴②選択肢の誤っている部分が確認できる

→問題の選択肢で誤っているものについて、どこが違うのか赤字で訂正を入れてあり、赤シートで消えるようになっています。なので、過去問からダイレクトに知識をインプットできるようになっています。
 
問題によって「難易度」や「重要度」も示してあるのもいいですね。
マジで専門科目についても出版して欲しい。分厚くなっちゃうだろうけど…
 
これから公務員試験の勉強をしていく方はぜひ使ってみてください!
以上、もう一度公務員試験を受けるとしたら使いたいおすすめ参考書(教養試験)でした!