転職後の日々

心の安定を求めてもがく人の雑記ブログです。

苦行シリーズ

こんにちは。

4月6日の記事で「そこまでやりたくもないし、楽しんでもいないのに幹事役になっていたため必ず出席していたシリーズ」というワードをつくったのですが、長いのでこれを「苦行シリーズ」とします。(続くかは不明)

 

前職の市役所では、やりたい職員が参加する部活動のようなものがありました。

その中の1つにバレーボール部があり、参加方法は、すでにいる部員から誘ってもらうこと。私もあるとき誘われたので、参加していました。これの何が苦行かというと、

いち下っ端部員として、参加したり、しなかったりする分にはずっと続けてもよかったのですが、部員の決まった人が1人で出欠確認を取ってたんです。メール返信という方法で。参加者が0だったら体育館のカギを管理している方へ連絡をしないといけないので、毎週必ず部員にメールが送られてきて、「参加」「不参加」の返信をしていました。

で、出欠確認役がまわってきたわけですよ。それだけならまだいいのですが、毎週の出欠確認の際に、あいさつ文も入れて送れと言われていました。そして私は、言われたことに従い、毎週メールマガジンのように文章をつくって送っていました。

こんな感じです↓

-------------------------------------------------------------------------------------------

皆様お疲れ様です。

雨が降ったりやんだりする日が多くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
出かけるときは雨が降っていたのに途中で止んだ場合、傘忘れがちですよね。
東京駅では1日300本、大坂駅では雨の日1日あたり100本の忘れ物の傘が届くそうです。
100本て…これがレシーブ練習だったらいろいろなボールの受け方とか力の抜き方
身体が覚えちゃうよきっと!ということで、すごい数ですねー。

今週のバレーの出欠確認のメールは、忘れずにお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

上記のようなものを毎週送っては出席人数を確認し、送っては確認し…

これが地味に苦行。まだ最初のころは多少楽しんで送っていましたが、だんだんネタも尽きてくるし、「なぜ私だけがこれをやっているのか…」という気持ちになってきました。2年くらいやってたな。

「代わるよ!」と言ってくれる人が現れるわけでもなく、私も代わってくれと誰にもいえず、苦行の日々は続きました。バレーボール自体も嫌いになってた。

ある日あっさり後輩に引き継ぐことになったんですけど、もっと早く自分から「やりたくない」と言えていれば…

 

現在はもう、メールマガジン制度は廃止され、「今週の出欠お願いします」だけの連絡で送っているそうですよ。最初からそれでよかったやん!!!

そして、ある週に送った文章の内容に、ダメ出ししてきた同期のT。お前だけはゆるさん。