元公務員が生き方を変えていくブログ

現在は教育・学習支援業!元公務員、ゼロから社会人始めます。生き方やおすすめ漫画などの雑記ブログです。

転職して解放されたこと&気づいた3つのこと

皆さま、おつかれさまです。

今回は、私が市役所職員から今の民間教育業界(つまるところ学習塾業界)に転職して、解放された事と、気づいた事についてお話していきます!

 

1.解放されたこと

①職場の飲み会の幹事役

→歓送迎会、暑気払い、忘年会、同じ地域出身者で集まる飲み会、職員同士の派閥の飲み会、など毎年5種類以上の飲み会をやっていたのが、転職先では、(コロナの影響もあって)小規模な忘年会くらいしか無くなりました。

 

②後輩にちょっかい出したくなる気持ち

→同じ建物内にいる職員が100人以上だった環境から、今は3人になったので、色恋沙汰、ゴシップ話に動揺することが無くなりました。

 

③地元飲食店との付き合い

→地元を離れて県外での転職だったので、「うちの店に食べに来てくれよ」「飲み会やってくれよ」「お昼は毎日うちの出前を注文してくれよ」的なことを言われることが無くなりました。

 

 

2.気づいたこと

①30歳を過ぎて、経験値を使って仕事が出来ない日々はなかなかツラいものがある

→転職するなら同じような業界にしておけば…と思いました。人から何かを買ってもらう、そして売上をつくることの大変さを日々感じています。

 

②前職(市役所)では人脈を使って仕事ができていた

→仕事で壁にぶつかったら前の担当者に聞いたり、周りに相談したり…少しずつ人脈をつくっていたおかげで、スムーズに仕事ができていたんだなと思いました。

 

③先輩に誘われてなんとなく参加していたことも、楽しかったんだと気づいた

→前の職場では比較的仲のいい職員同士で、バーベキューとか夏フェスとかに行っていました。遊ぶ内容自体にはそんなに乗り気じゃないのに参加していた事もありましたが、今思い返すと息抜きになっていたんだなぁ、と感じます。転職した今は、休みがあっても遊ぶ人どころか知り合いがいないので…

 

転職しようか悩んでいる方は、現状のツラいことなどマイナス面に気を取られてしまいがちだと思います。しかし、仕事以外で大切な時間、趣味、息抜きは何をしている時間なのか、転職したらそれが無くなってしまわないかを考えることも、転職を検討する上では重要だと思います。

 

ということで、以上、転職後に気づいたことでした。