元公務員が生き方を変えていくブログ

現在は教育・学習支援業!元公務員、ゼロから社会人始めます。生き方やおすすめ漫画などの雑記ブログです。

地方公務員に就職する方へ、人間関係の悩みを生まないために知っておくべきこと

おつかれさまです。

今回は地方公務員として市役所で10年勤務した経験をもとに、職場の人間関係で悩まないために事前に知っておくと役立つのではないかということを書いていきます。

 

1.先輩・上司編

①上司にハンコを押してもらわないと仕事が進まないということを理解しておく

市役所、県庁など役所では、上司にお伺いを立てる書類をつくって、ハンコを押してもらわないと、自分の仕事を進めることができない仕組みになっています。

会議を開催する、相手に書類を送る、消耗品を購入する…などほとんどの場合において、です。なので上司との関係はとても重要。無理ない範囲で、世間話にもリアクションして良好な関係をつくり、「自分は上司から仕事をさせてもらっている」くらいの意識で、上司からの指示があったら、最初のうちは言われた通りに遂行しましょう。

問題が起こったときに責任を取れるのは、「長」がついている立場の人間(係長、課長、部長など)だけ。自分では責任が取れません。

 

それから、係長以上の職員の名前は、できる限り早めに覚えた方がいいです。偉い人っていうのは自分であまり「課長の○○だけど」と電話口で言いません。「○○だけど今係長いる?」と言って電話をかけてきます。すると、最初に電話を取る新人としては他の部署の課長の名前が分からないと「○○さんからお電話です」と言うのが精一杯。後で直属の先輩もしくは上司から、「さん付けじゃなくで○○課長って言いなよ…」となるでしょう。

 

②少しでも迷ったら自分ひとりで解決するのはあきらめましょう

 わからないことは先輩や上司に相談してもオッケーです。ただし、状況によって

「お忙しいところすみません、今お時間ありますか」

「自分はこう思うのですが、(ここまでは考えたのですが)ここが分かりません」

などの言葉を入れるとスムーズに事が運びます。

質問をするタイミングは急ぎでないのであれば、昼休みが終わったあとすぐに聞くのがおススメです。

ただし、

人にやり方を教わった場合、納得いかなくても1回は実践してみることが人間関係を維持していくためには必要です。聞く人はある程度慎重に選択しましょう。

 

ところで、私が1年目のときに上司からこんなことを言われました。「市民の方には1年目とかは関係ない。係長くらいの職員が常に対応してくれると思っている(期待している)」市民の方からの電話を私が取ったのですが、自分には分からないことなのに、相手の話を聞き続けてしまい、軽いクレームになってしまったときに言われた言葉です。率先して電話に出る、窓口に出ることは必要ですが、自分で対応できない場合には、すぐに先輩や上司に代わってもらいましょう。

 

2.他の部署の職員との関係編

 窓口対応がある部署というのはだいたい、近くにいくつかの課が隣接しています。あなたがそのうちのどこかに配属された場合のお話です。

市民の方は、自分の用事がどの部署で担当してくれるのか分からずに、違う部署の窓口に来ることもあります。そうすると、自分の部署で担当すべき案件でも、隣の部署の職員が代わりに要件を聞いてくれて、「○○の件でお客様でーす」と繋いでくれる場合があります。

その時には光の速さでまず席から立ちあがり、小走りで窓口まで行きましょう。代わりに聞いてくれた隣の部署の職員に、行動で感謝を伝えましょう。そこはお互い様の精神で。

 

3.その他同僚編

①同じ部署内での飲み会以外には無理して行かなくても大丈夫

 課の歓送迎会と忘年会は大切にしてください。ただし同じ部署以外の先輩から突発的に誘われた場合は、慎重に考えた方がよく、無理に参加しなくても大丈夫です。飲み会が好きな先輩職員というのは必ずいるので、「こいつは誘ったら来るヤツだ」と一度認識されると、永遠に誘われます。ただし今はコロナ禍なので、そういったことは無いのかもしれませんね。

 

②ゴシップやウワサはすぐに広まります

 特に色恋沙汰関係ですね。例えば、私の前職場では

・偶然にも車のナンバーが一緒

・同期入社

・異性

の2人の先輩がいましたが、「付き合ってるの?」ってめちゃくちゃ聞かれ、否定するのが大変だったらしいです。

 

はい、ということで今回は以上となります!

ぜひ参考にして、職場での人間関係を円滑にしてくださいね!