転職後の日々

心の安定を求めてもがく人の雑記ブログです。

地方公務員の災害対応(台風とか)

皆さまおつかれさまです。

今の職場(塾)での夏期講習会が終了いたしました。

小学5年生の理科の授業をしていたのですが、「台風と天気の変化」という分野があって、私自身も勉強しなおしましたよ。

熱帯地方で発生した低気圧のうち、風速が17.2m/秒以上のものを台風といいます(ドヤ

 

ということで、台風の定義は置いといて、市役所の災害対応(台風版)についてです。

段階を追ってみていきましょう。

 

(1)台風が接近していると分かった場合、事前に班分けと役割を話し合っておく

①防災関係の部署→本部待機で情報収集&指示出し

②保健福祉関係の部署→各避難所を運営する

自分の経験で言うと、

①は危機管理課 防災係の職員。

②は福祉課、健康政策課、こども課などの職員で分担。

 

(2)警報が出た場合もしくは危機管理課の課長の決断により避難所が開設。

防災を担当する部署の職員は、原則「気象警報」がでたら市役所(職場)に集合します。何時でも。何曜日でも。気象警報とは、大雨警報や洪水警報です。

 

警報が出ている時には、防災を担当する職員は市役所に集まって待機していますが、被害がなさそうで、警報が解除されれば、何事もなく解散する時もあります。

でも台風が通過したり、大雨が長く降っている場合、土砂災害の危険が増したり、河川の増水があると、危機管理課の課長の決断により避難所が開設されます。されますが、状況をみて、まずは強制避難ではなく、「自主的に避難したい方のために、避難所を何か所か用意しますよ」となります。

ちなみに避難所に指定されるのは大きい公民館(各地区の公民館)とかです。

 

その場合でも、その避難所は市役所の職員が運営するので、保健福祉関係の部署の職員が交代制で配置されます。避難所を開けている限りは1人以上は職員がいます。(夜通し待機です。暗くなって危ないところに住んでいる方のために開設するものですからね。)

 

台風なんかの場合は、時間の経過とともに雨風は収まるので、自主避難していた人たちも避難所から自宅へ帰っていきます。そうなると、避難している方がいなくなった避難所から閉鎖→通常の施設の運営に戻ります。

 

台風が日本に近づいてくる夏から秋にかけての時期は、防災関係の部署の職員は精神的・肉体的にきついですね。だいたい3年で異動します。

 

以上、地方公務員の災害対応(台風とか)でした!