転職後の日々

心の安定を求めてもがく人の雑記ブログです。

もう一度公務員試験を受けるとしたら使いたいおすすめ参考書

皆さま、おつかれさまです。

今回は、公務員試験のおすすめ参考書の紹介です。

私が公務員試験を受けたのなんて10年以上前なので、その時には出版されていなかった、いい参考書というのが今の世の中たくさん出ている訳なんですよね。

 

今日はその中でも、教養試験の一般知識対策に使える参考書を紹介したいと思います。

それがこれ↓

 

「過去問ダイレクトナビ」(実務教育出版)シリーズ
です!
 
教養試験の対策と言いましたが、出版されているのは以下の科目です。
・政治経済
・日本史
・世界史
・地理
・物理、化学
・生物、地学
 
公務員試験て科目が多いじゃないですか。めっちゃ多い。国家公務員、地方上級公務員ともなれば専門科目もあります。この多さをどう効率よく勉強するか、本番でどう処理するか、の能力を見る試験とも言えるでしょう。
 
そのため、最初から過去問を使ってどんどん問題を解くことが、効率の良い勉強法となります。
ちなみに教養試験の中でも、「判断推理」「数的推理」「資料解釈」については、解き方を解説している参考書を1冊やってから過去問演習をした方がいいです。というか、いきなり「判断推理」とか「数的推理」を解こうとしても、多くの人は何もできず心が折れて終わるでしょう…。
 
というわけで「教養試験の一般知識対策について」は、過去問+解説が載っている問題集を使って、過去問の形式を研究しつつ、どこまでの知識が必要なのか確認しながら、必要な知識は問題集に書き込んでいく、という勉強をお勧めします。
 
それができるのが、「過去問ダイレクトナビ」シリーズなのです。大きな書店でも販売しているので、手に取ってパラパラ開いてみてください。

特徴①見開き展開で問題と解説が載っている

→左ページに過去問、右ページに解説、という構成になっていて、かつ右ページには書き込みのスペースも確保されている。そのため、問題演習をしながら、書き込みをして、自分だけの参考書化できる工夫がしてあります。
 

特徴②選択肢の誤っている部分が確認できる

→問題の選択肢で誤っているものについて、どこが違うのか赤字で訂正を入れてあり、赤シートで消えるようになっています。なので、過去問からダイレクトに知識をインプットできるようになっています。
 
問題によって「難易度」や「重要度」も示してあるのもいいですね。
マジで専門科目についても出版して欲しい。分厚くなっちゃうだろうけど…
 
これから公務員試験の勉強をしていく方はぜひ使ってみてください!
以上、もう一度公務員試験を受けるとしたら使いたいおすすめ参考書(教養試験)でした!